歴史と伝統を誇る日本一の移動式野外劇
  1. ホーム
  2. 八雲神社みこし
  3. これが6町だ!

八雲神社みこし

 
|これが6町だ!|八雲神社神輿

これが6町だ!

 山あげ祭の特色の1つに、6町が年毎に当番町を務める輪番制と言うものがあり、泉町→鍜冶町→日野町→元田町→金井町→仲町の順で回ります。それぞれに山あげ行事を行う道具と、大屋台・小屋台とを1台ずつ所有し、道具の貸し借りは一切行いません。また、舞台や仕掛けにもそれぞれの特徴が存在し、各町で競い、お互いを高め合っています。


『泉町(いずみちょう)』の画像 『鍛冶町(かじまち)』の画像 『日野町(ひのまち)』の画像
『元田町(もとたまち)』の画像 『金井町(かないまち)』の画像 『仲町(なかまち)』の画像

『六町マップ』の画像

『泉町(いずみちょう)』の画像

最も北側に位置し、金刀毘羅神社がある。昔は赤坂町と呼ばれた。

『御拝飾り「神武天皇と金鷲」』の画像

彫刻師薄井貞良(茨城県常陸大宮市鷲子)等により明治41年(1908年)に制作された。昭和30年御拝の塗替修復が行われている。

『鍛冶町(かじまち)』の画像

仲町より東側に位置し、和紙会館を含むことから、和紙貼り絵の山を制作することも。

『御拝飾り「少彦名命大鷲退治」』の画像

明治34年(1901年)着工、彫刻師小林平エ門、彩色請負人山内定吉、塗師佐藤為義、大工井上卯吉等により、明治40年(1907年)に完成した。日露戦争の直前時の思想を取り入れたためか、少彦名命な日本国、大鷲はロシアに例えたものと言われている。

『日野町(ひのまち)』の画像

最も東側に位置し、明治35年(1902年)に鍜冶町から分離した全町内で一番新しい町。

『御拝飾り「牛若丸と烏天狗」』の画像

明治40年(1907年)新造計画、大正元年(1912年)に、はりか造りの御拝飾り「牡丹に唐獅子」として着工し昭和5年に完成。昭和62年に御拝の一部改造が施され今の形となる。

『元田町(もとたまち)』の画像

最も西に位置し、那須烏山市役所や八雲神社のおひざ元。

『御拝飾り「鶴に鯉」』の画像

制作者及び制作年代不明。飾り部分については、明治10年(1877年)完成、烏山出身、喜連川藩絵師牧野牧陵の作。他の飾りと異なり、はりか造りとなっている。

『金井町(かないまち)』の画像

南側に位置し、一番町内が広い。山あげ会館や駅なども含まれる。

『御拝飾り「神功皇后と武内宿禰(たけのうちのすくね)」 』の画像

寛政8年(1769年)常陸国鷲子村薄井武衛門により制作される。東日本大震災の際に御拝の一部が破損し、約1年を掛けて修復をした。

『仲町(なかまち)』の画像

文字通り町の中央に位置し、島崎酒造など伝統のある商店が立ち並ぶ。

『御拝飾り「須佐之男命稲田姫を助けて八岐大蛇退治」 』の画像

彫刻師小林平衛門、塗師福村雅光により明治37年(1904年)に制作され、大正14年に御拝彫刻の塗替修復が行われている。